野村証券が上場ゴール「gumi」担当者を左遷 役員コース「京都支店長」から「お客様相談室長」に(一部訂正)


■アベノミクス相場野村証券の産物である「上場ゴール」の象徴、gumi(東1:3903)の主幹事証券である野村証券の担当者が、今年3月の人事で事実上左遷されていることが分かった。gumi公開時、渋谷支店長であった福田和之は、公開後の27年3月に京都支店長に異動、ところが28年3月に本店お客様相談室長へと降格人事が行われた。
■野村証券において、京都支店は「大店(おおみせ)」と呼ばれ、営業畑にとっては出世コースだ。現CEOの永井浩二も平成13年から15年まで支店長を務め、役員に昇格した。野村不動産HD社長の沓掛英二も京都支店長を経験している。
■関係者によると、今回の人事はgumi公開が結果として「上場ゴール」として非難されるような事態となった事に加え、主幹事を大和証券から奪い取った際に、野村とgumiの間でバリュエーションを高めに見積もる“密約”を結んでいた、というコンプライアンス上の問題が明らかになったからだという。
■野村証券はgumiの失敗について、これまで「個別の事案云々」と対外的な言及を避けてきたが、今回の人事で同社の姿勢を垣間見ることができた。
(文中敬称略)

【お詫び 本記事において、京都支店長の福田和之氏が「同支店お客様相談室長」へ異動と記載しておりましたが、本店お客様相談室長の誤りでした。確認作業の甘さや、野村証券に取材したところ否定しなかったことなどから、事実誤認が生じたことを深くお詫び申し上げます。しかし、「gumi密約」や人事について信ずべき筋の証言が得られている事や、京都支店長出身者の多くが取締役・執行役員となっているのに対しお客様相談室長出身の役員がいない事などの外形的事実から、本件人事がいわゆる「左遷」であり、原因が「gumi密約」であるとの本旨には自信を持っております 半田】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です