【ミニ情報】千葉県の有力医療グループ「心和会」、不動産取引で経営危機 MBAホルダーの理事長がブローカーの餌食に


■千葉県内で精神病院の八千代病院(422床)、総合病院の新八千代病院(295床)、成田リハビリテーション病院(100床)などを運営し、従業員数はグループ全体で1200人超の医療法人「心和会」の経営が不安視されている。数年前から、理事長にしてMBAホルダーの荒井宗房が手を出した不動産ビジネスの悪影響が指摘されてきたが、昨年6月に本部事務所が差し押さえられる事態となり、経営危機が表面化してきている。
■心和会が金融業界関係者の間で注目を集めたのは、東証1部上場の不動産会社タカラレーベンとの取引だ。2017年末頃、心和会に出入りしていた不動産ブローカーの手引きで、東京・亀戸に所有していたオフィスビルを相場の約2・5倍と指摘される41億円でタカラレーベンに売却。同時に、心和会が年間3.6億円で20年間、ビルを一棟借りするというもの。長期的に見れば過大な賃料負担があるが、短期的にはまとまった不動産売却収益が得られるはずだった。
■ところが関係者によると、売却収益はブローカーがほとんど独り占めして、心和会には周辺相場の2倍ともいわれる過大な賃料負担だけが残ったという。案の定、心和会は賃料負担で赤字に転落。タカラレーベンとの不可解な取引は金融業界の知るところとなった。だがその後も、不動産ビジネスは続いた。一昨年頃には、東京の小金井や目黒青葉台などの複数の土地を関連会社で取得し、転売するスキームを試みる。結局、物件は東証1部の「寿スピリッツ」社長に転売されたが、心和会は関連会社が結んだ相場の2~3倍の賃料で土地を賃借する契約を保証させられている。
■昨年には、心和会本部の物件が建設会社に差し押さえられる事態が発生している。これも同年中に手を出した不動産取引が原因で、「神奈川県・藤沢の物件の売買を検討したが、最終的に取得を断念。ところが、建設会社がこの物件の工事を受注したとして、工事代金を保証していた心和会に請求がきた」(前出・関係者)という。
■不動産ビジネスで短期利益をあげることに目がくらみ、病院が食い物にされている様子が目に浮かぶ。一連の土地取引に関与している不動産ブローカーは融資詐欺で逮捕歴がある。理事長が「積水ハウス地面師事件」の主犯格に騙されたことがきっかけで入り込んできたようだが、適切な注意力を働かせれば損失を免れたのではないか。
(文中敬称略)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です