旧国立競技場解体を落札した「関東建設興業」会長・須永洸と麻生太郎を繋ぐ人脈


■東京五輪はこれまで各メディアで報じられてきた通り、談合や裏金など様々な疑惑に包まれた“不正の競技大会”とも言える様相を呈しているが、ここで具体的に筆者が知る疑惑の一端を明らかにしたい。14年末、独立行政法人日本スポーツ振興センター(JSC)による旧国立競技場解体工事の入札で、南工区を落札した関東建設興業㈱(埼玉県行田市)についてである。この解体工事の入札を巡っては談合疑惑が取り沙汰されており、その点については会員制月刊誌『FACTA』(ファクタ出版)2014年10月号「国立競技場解体に『天の声』」が詳しい。

「太郎ちゃん」と呼ぶ仲

■関東建設興業は安倍政権の閣僚に近いと言われている。FACTAは記事で〈現役大物閣僚の周辺〉から、関東建設興業に解体工事を落札させるように「天の声」が発せられたことを示唆している。これに追随するように他紙も「現役閣僚」との関係を指摘するが、具体名はどこも出していない。筆者が知るところでは、それは麻生太郎・財務大臣である可能性が高い。
■断っておくと、麻生と関東建設興業の直接のつながりは確認できていない。ある人物を通じて関係を持っていると疑われるのである。仮に『Z』としておこう。
■Zには明確な肩書はないものの、資料によればかつて、著名な部落解放運動家の上杉佐一郎の秘書を務めていた。東京・御成門に自身の事務所を構え、「政財界のフィクサー」と呼ぶ者もいる。
「Zは普段から麻生を『太郎ちゃん』と呼ぶほど仲がいい。電話一本で自民党議員や経産省の官僚を呼びつけるほどの実力者で、リクルートや東電などの大企業にも顔が効く。事務所には北野武とのツーショット写真が飾られていて、その人脈の凄さに圧倒されますよ」(Zを知る人物)
■関東建設興業の会長・須永洸とZは、数年前に解散したある団体で共に役員を務めていた。

「ネプロジャパン」とミャンマーで交錯する人脈

■ネプロジャパン(現・エヌジェイホールディングス、ジャスダック上場:9421)という会社がある。1991年に不動産屋として創業してすぐ、携帯電話の代理店事業に参入。商社系でもメーカー系でもないにもかかわらず、NTTドコモの一次代理店となり急成長し、06年に三菱UFJモルガン・スタンレー証券が主幹事で上場。その際には東電や関電工など信用力の高い企業が資本参加していた。Zはこのネプロジャパンの大株主であった。が、同社にはヤバイ面がある。会員制月刊誌『選択』(選択出版)2013年11月号では、ネプロジャパンのオーナー・滝西清吉について次のように記されている。
〈京都の不動産関係者の一人は重い口を開く。「滝西さんは京都の怪しい土地取引には必ずといっていいほど名前が登場する怖いヒト」 ネプロジャパンの前身は「新都市科学研究所」という。業務は土地開発コンサルタントで、平たく言えば「地上げ屋」(地元紙記者)だ〉(同誌連載「土着権力の研究」より)
■筆者は2014年10月に『東京アウトローズ』で報じたが、09年の漢検協会事件が遠因で発生した同協会元副理事長・大久保浩への同協会元職員による恐喝の席で、滝西の名前が登場している。
〈「確かに滝西さんの周りには多いんです。みずほ銀行では完全に認定しています。バブルの時に500億円の借金があって、全部かたづけたけど全部返したわけではない。その時にヤクザと同和の力を借りたんだ」〉(大久保の告訴状より)
■ネプロジャパンの役員には『週刊文春』(13年3月14日号)が麻生の「裏の秘書X氏」として報じた中野喜一郎が入っている。文春記事によれば中野は13年1月の麻生のミャンマー公式訪問に同行。また、麻生が最高顧問を務める日本ミャンマー協会(会長・渡邊秀央)が12年10月に行った訪問ツアーには、三菱商事や住友商事など大手企業などに交じってネプロジャパン当時社長の小澤正彦、滝西、中野がオブザーバーとして参加している。
■このように、麻生に対して少なからぬ影響力を持つZと、関東建設興業は接点があるのだ。Z事務所に取材を申し込んだが、「担当者に伝える」と言われ現在まで返答はない。
(文中敬称略)

2014年10月14日付:東京アウトローズ「【真相レポート】京都発祥の携帯販売会社「ネプロジャパン」と財務大臣・麻生太郎の『深い闇』」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です