サイバーエージェントが取り纏める「ブロック対象(=ステマ)企業」リスト一部公開 ドクターシーラボ、健康コーポレーション、北の達人などもリストアップ


■株式会社サイバーエージェント(東証一部:4751)の社内組織「Ameba健全化委員会」が取り纏めている「ブロック対象企業一覧」というリストがある。これは、サイバーエージェントを通さずにAmebaブログを開設している有名人や所属事務所などに自社製品の宣伝を働きかけた(いわゆるステルスマーケティング)企業の一覧で、同社がブロガーや事務所に掲載企業の広告案件を受けないよう求めている「ステマ企業リスト」と言えるものだ。
■サイバーエージェントを通した宣伝・広告記事はブログの右上にPRマークが表示されている。Amebaブログでのステマ記事は昨今の騒動を受けて一掃されているかに見えるが、「例えばモデルの女の子のブログで、PRでない日常の記事の中で唐突に化粧品や健康食品、エステ店の類が登場する場合は、ほとんど業者から依頼されたステマと思って良い。サイバーエージェントを通すと値段が高くつくので、代理店などを通じて直接依頼してくる業者はまだ多い」(芸能事務所関係者)というのが現状のようだ。
■サイバーエージェントは取材に対し、「弊社では、『Ameba』を介さず、直接著名人ブロガーや事務所、仲介業者に商品紹介などを依頼する企業に対して、『ブログ記事内での関係性の明示』がなされていないもの、違法性のあるものなど、読者の利益を損なう危険性があると判断した場合、その企業に対して警告を行い、改善が見られない悪質なケースの場合には、対応策として、該当企業のサービスやホームページへの誘導が出来ないようシステムでのブロック対応をするなどの措置を2012年12月より行っています。これらに該当する企業を『ブロックリスト対象』として管理をしてるのは事実」と回答した。
■9月初旬、このリストが新たに更新された。そのうち、筆者が知りうる昨年4月時点からリストアップされており、常習的にステマを行っていると思われる企業を今回、公開することにした。ステマ問題は近年、日本インタラクティブ広告協会などで自主規制の動きがみられる。しかし、あくまで広告代理店・媒体の間での話であり、背景にいる広告主側は野放しになっているきらいがある。
▼Ameba健全化委員会「ブロック対象企業一覧」掲載企業の一部(※なお、下記のリストには社名が変更されているものなどがございますので、ご注意ください)
有限会社毎日元気
小豆島ヘルシーランド株式会社
合同会社ジョイフルライフ
健康コーポレーション株式会社(アンビシャス:2928)
株式会社北の達人コーポレーション(東証一部:2930)
株式会社美健コーポレーション
株式会社天真堂
株式会社山田養蜂場
株式会社協和
株式会社リソウ
株式会社メルシス
株式会社メディビューティー
株式会社ポイントピュール
株式会社プランティア
株式会社ファン
株式会社ビューティースリー
株式会社ビタミンライフ
株式会社ビケンコ
株式会社ピカイチ
株式会社ドクターシーラボ(東証一部:4924)
株式会社ティーグラウンド
株式会社セドナエンタープライズ
株式会社ジェイウォーカー
株式会社コマースゲート
株式会社オーエム・エックス
株式会社エムスリーラボ
株式会社エスライン(江戸川区)
株式会社エグゼナ
株式会社エクシードジャパン
株式会社ウェブタンクジャパン
株式会社インフィックス
株式会社アンサーラボ
株式会社nijito
株式会社J-revival
株式会社fresca
株式会社FLAIR株式会社レクシア
株式会社B4F
プレミアアンチエイジング株式会社
ティーライフ株式会社
ジーノ株式会社
オトナ女子力向上委員会事務局
アンドシーム株式会社
anynext株式会社
(文中敬称略)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です