【ミニ情報】当サイト指摘のジャスダック上場アスラポートダイニング、一転して親会社「阪神酒販」決算を開示


■ジャスダック上場アスラポートダイニングが8月31日、非上場の親会社である阪神酒販㈱の決算を開示した。同社は5月16日の適時開示で、阪神酒販子会社でアスラポート株を約4%保有する東洋商事の資本関係の認識を変更することで、阪神酒販がアスラポートの親会社に該当しなくなったとした。6月23日に取材したところ、同社はこの認識の変更により、以後は親会社決算の開示は行わない方針だと回答していた。当サイトは6月23日付のアスラポートに関するレポートで、この非開示の方針を作為的だと批判していたが、今回、一転して開示がされた。今回改めて取材したところ「(取材に回答した)当時は開示しない方針であったが、念には念をということで東証に親会社決算について改めて確認したところ、親会社ではなくなったものの、その他関係会社として開示の必要があるとコメントを得たため、引き続き開示を行った」と述べた。
(文中敬称略)

2016年6月23日付レポート:ジャスダック上場アスラポート・ダイニング、親会社阪神酒販との巨額M&Aで収益性悪化の一方、今期から親会社決算を不開示に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です