新垣結衣など所属のレプロエンタテインメント、マザーズ上場ブランジスタ「神の手」急騰相場で数十億の株式売却益を実現か


■音楽プロデューサー・秋元康の名前を全面に出し、1500円台で推移していた株価を一時10倍の1万5000円台まで押し上げ、市場の話題をさらったマザーズ上場ブランジスタ。16年5月の決算説明会資料では「夢の話」と前置きしながら、秋元を起用したゲーム事業で月収100億円、年間1200億円の売上高が見込める、とぶち上げていた。しかし、12月に提出された16年9月期有価証券報告書から推計すると、当該事業を行う子会社㈱ブランジスタゲームの売上は87,291千円、経常は△30,112千円の赤字を出している。秋元がプロデュースしたゲーム「神の手」のリリースは16年6月中頃。当初予定していたひと月あたりの売上100億円の1%にも満たない額しか、実際には稼ぎ出せていないことが自明のものとなった。
■株価は5月の急騰から3か月も経たないうちに、元の2000円台に水準に戻った。この、ほとんど風説の流布のような形でつくられた相場の受益者が、ブランジスタの創業者である芸能プロダクション・レプロエンタテインメント(以下、レプロ)と同社代表、本間憲である。
■レプロが15年12月2日に提出した変更報告書によると、同社と本間のブランジスタ株の持分は563,600株(うち100,000株は未行使のオプション)。レプロがブランジスタ設立当初から保有していたもの以外の取得価額は650円(分割後。オプションの行使価額も650円)である。
■有報で開示されているところでは、16年9月期中、本間のオプションのうち18,000株が行使されているが、保有株数は15年12月より減少している。9月末時点はレプロ109,800株、本間58,000株の合計167,800株。期中に売却された株数は303,800株だ。
■本間が行使したオプションは12年12月13日決議の第2回新株予約権と思われ、行使時平均株価は7,385円である。この水準(7000円)で保有株を売却したと仮定すれば、取得価額を650円とした場合、レプロと本間合わせて約20億円の売却益が実現していることになる。秋元の名前で個人投資家を飛びつかせ(彼らは後に大損することになるのだが)、インサイダーが売り抜けるわかりやすい構図が繰り広げられたのである。
■当サイトでは、ブランジスタに対して次の通り質問を行った。①ブランジスタゲームの赤字に関する見解、②現役役員でもある本間の持株売却に関する見解、③「顧問」にSBIホールディングス代表の北尾吉孝らが就任している経緯、④ブランジスタゲームの新株予約権付与対象者の「社外協力者」の具体名、⑤電子雑誌関連事業においてレプロエンタテインメント所属タレント(新垣結衣、マギー、吉川ひなの、長谷川京子等)を起用しているにもかかわらず関連当事者情報に記載がない点の見解、である。ところが、本日ブランジスタからあった回答は「何もお答えできません、お答えできない理由もお答えできません」というものであった。同社にも、やましい思いが少しあるのかもしれない。
(文中敬称略)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です