OUTSIDERS注意喚起銘柄、最近の動向


この間の振り返りをかねて、当サイトで過去に取り上げたことのある企業の中で、注目すべき動向があったものを下記に簡単に報告したい。

■アスラポート・ダイニング(ジャスダック:3069)
2月10日:平成29年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
売上高26,026百万円(前年同期比65.9%)、営業利益830百万円(同47.1%)と増収増益に見えるが、営業利益率で見ると今期第3四半期は3.1%(前年同期3.5%、27年3月期6.4%)と事業全体の収益性は悪化傾向。
2016年9月14日付レポート:【ミニ情報】当サイト指摘のジャスダック上場アスラポートダイニング、一転して親会社「阪神酒販」決算を開示
2016年6月23日付レポート:ジャスダック上場アスラポート・ダイニング、親会社阪神酒販との巨額M&Aで収益性悪化の一方、今期から親会社決算を不開示に

■ゲオホールディングス(東証一部:2681)
2月10日:平成29年3月期 第3四半期決算短信
売上高197,964百万円(前年同期比△0.2%)、営業利益7,017百万円(同△49.1%)と減収減益。
2016年6月18日付レポート:【連載】ゲオホールディングスの闇(3)三菱UFJグループが手を引いた 遠藤社長“反社交際疑惑”
2016年6月14日付レポート:【連載】ゲオホールディングスの闇(2)幹部が吉川社長時代の利益操作を暴露 店舗売却による〝益出し”で過去最高益達成か
2016年6月10日付レポート:【連載】ゲオホールディングスの闇(1)遠藤社長、吉川取締役による粉飾決算「インデックス」への利益供与の過去 沢田元社長VS遠藤の訴訟資料で判明

■ユーグレナ(東証一部:2931)
2月10日:バイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラントの建設について
「バイオジェット燃料」製造設備設置に向けた工事契約締結の開示。総工費「約58億円」と、当初の43億円から予算が増加している。
2016年12月26日付レポート:東証一部・ユーグレナ、健康食品事業の収益力低下 「バイオジェット燃料」製造設備の仕様変更に残る「謎」
2016年8月18日付レポート:アベノミクス象徴銘柄「ユーグレナ」、度重なる設備投資計画の延期 東京大学との「微細藻類の資源化」に関する共同研究は6月末で終了

■ナック(東証一部:9788)
2月10日:平成29年3月期連結業績予想の修正に関するお知らせ
住宅事業を理由とした業績下方修正。住宅事業セグメントの3Q売上高は9,725百万円、セグメント利益は144百万円。
2016年12月5日付レポート:東証一部・ナック、大赤字の住宅事業に不審点 費用の繰り延べによる28年3月期決算黒字化の疑惑
2016年9月20日付レポート:「水のクリクラ」の東証一部・ナック、名誉会長の西山由之が代表取締役会長・寺岡豊彦を糾弾 「西山文書」全文公開 女性スキャンダルの存在も示唆
2016年9月15日付レポート:「水のクリクラ」で知られる東証一部ナック、業績悪化 60億円を投じた「本庄工場」は過剰投資ではないのか

■エスクリ(東証一部:2196)
2月7日:取締役の辞任に関するお知らせ
同社取締役の高梨宏史が任期中に「一身上の都合」により辞任。昨年4月28日には常務取締役安藤正樹が「一身上の都合」で辞任している。同社取締役は岩本博会長と渋谷守浩社長、社外取締役の濱田清仁の3人になったが、実質渋谷1人が実権を握る形となった。
2016年12月19日付レポート:東証一部エスクリ、償却方法変更で28年3月期を「黒字化」 有利子負債が急増で実質「自転車操業」

■ブランジスタ(マザーズ:6176)
2月9日:平成29年9月期 第1四半期連結決算発表のお知らせ~ 既存事業は好調、「神の手」では先行投資を継続 ~
注目の子会社㈱ブランジスタゲーム単体の1Q業績を開示(28年9月期は開示していなかった)。売上高60百万円、純利益△45百万円と赤字体質。当サイト推計のブランジスタゲーム28年9月期売上高は約87百万円で、のちに官報で純利益が約△30百万円だったことが分かっており、昨年6月の「神の手」リリースから約半年の累計売上高は147百万円、利益は△75百万円となる。ブランジスタが謳っていた「売上高1200億」はやはり風説に近い。
本年1月27日付レポート:新垣結衣など所属のレプロエンタテインメント、マザーズ上場ブランジスタ「神の手」急騰相場で数十億の株式売却益を実現か

■ヴィレッジヴァンガードコーポレーション(ジャスダック:2769)
1月13日:平成29年5月期第2四半期累計期間業績予想と実績値の差異および通期業績予想の修正に関するお知らせ
業績予想の下方修正。赤字体質を未だに抜けられず。
2016年7月8日付レポート:赤字子会社を「ネクスグループ」に売却したジャスダック上場「ヴィレッジヴァンガード」、実質4期連続赤字の可能性

■ピクセルカンパニーズ(ジャスダック:2743)
1月19日:顧問就任に関するお知らせ
元本庁公安1課調査担当の大野俊幸が顧問就任。“警察”を後ろ盾にしたと内外にアピールしたい狙いか。
本年1月11日付レポート:ジャスダック上場ピクセルカンパニーズ、架空売上計上か 販売した「太陽光発電施設」は未だに更地
2016年12月12日付レポート:【ミニ情報】ジャスダック上場ピクセルカンパニーズ、不正会計の疑いが浮上
2016年7月27日付レポート:ジャスダック上場ピクセルカンパニーズ(コード2743)、新株予約権の行方に注目

(文中敬称略)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です