昨年の個人の自己破産、13年ぶりに前年より増加 司法統計速報値より


■平成28年1年間の個人の自己破産件数が、13年ぶりに前年を上回ったことが分かった。司法統計の昨年12月の速報値によれば、全国の地方裁判所に申し立てられた12月の自然人の自己破産件数は6343件で、昨年1月から12月の累計では64,037件となり、平成27年の63,856件を上回った。破産事件全体の申立て件数も71,837件と前年の71,533件より増加している。個人の自己破産件数が前年を上回るのは平成15年以来で13年ぶりだ。
■昨年各月の自然人の自己破産件数:1月3770件、2月5200件、3月5977件、4月5819件、5月4934件、6月5817件、7月5005件、8月5230件、9月5335件、10月5330件、11月5277件、12月6343件。
■平成28年64,037件(速報値)、27年63,856、26年65,189、25年72,048、24年82,668、23年100,510、22年120,930、21年126,265、20年129,508、19年148,248、18年165,932、17年184,422、16年211,402、15年242,357、14年214,638。

※出典:司法統計、過年度の件数は年報の数値

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です