元住友銀行副頭取の蓄電池ベンチャー「エリーパワー」がひた隠す「惨憺たる業績」 多方面に減損リスクが浮上


エリーパワー■元住友銀行副頭取で、系列の住銀リース社長などを歴任した吉田博一が設立した蓄電池メーカー「エリーパワー」(品川区、非上場)という会社がある。銀行マンから電池ベンチャー立ち上げという異色の経歴が予てから注目を集めており、今年5月の日経新聞のインタビューでは上場を口にするようになった。だが、同社には周囲にひた隠す秘密がある。それは決算情報だ。
■なぜなら過年度の決算が惨憺たる赤字だからだ。信用調査会社の情報では、2016年3月期は売上高約50億円に対して営業利益は△38億円、当期純利益は△43億円である。当サイトが関係者から得た情報では、過年度の最終損益は2012年△18億円、13年△28億円、14年△30億円、15年△41億円と赤字体質で、2017年3月期の赤字幅は「さらなる広がり」を見せると思われている。
■同社に過年度の業績などについて取材したが、「当社は業績について公表しておりません」と回答。上場をめざす会社が決算情報をひた隠す理由は何か。経営者の性格など諸々の理由はあるが、1つは出資者側の都合があると思われる。
■吉田は過去のインタビューなどで、古巣の住銀などに頼らずに、独自に各社を回り出資を募った、とよく回顧している。たしかに315億円という超巨額の資本金を調達しているが、株主の面々をみると大和ハウス(約32%)を筆頭に三井住友銀行グループと関係の深い企業ばかりだ。
■問題は、エリーパワーが上記に述べたような巨額の赤字を計上し続けたのであれば、純資産の大半が既に毀損されていると考えられ、結果として出資企業が減損を迫られる恐れがあることだ。なお、大和ハウスは2016年3月期時点のエリーパワー株式の計上額について「公開している情報ではない」として明らかにしなかった。
(文中敬称略)

※エリーパワー社の会社情報

元住友銀行副頭取の蓄電池ベンチャー「エリーパワー」がひた隠す「惨憺たる業績」 多方面に減損リスクが浮上” への1件のフィードバック

  1. 前に働いていたことがあります。
    もう何年も前から、来年上場すると言い続けています。
    関西工場の話もありましたが未だ進んでいません。
    製品は家庭用、工場用のラインナップしかなく生産能力に対し
    受注、出荷数は遠く及びません。
    儲からなくて当然です。

    秘密主義は外部に対してだけでなく、社員の間でも秘密主義が
    徹底されています。技術流出を防止したいようです。

    全社員に周知されているのは、社長の作った精神論くらいですね。

    小泉元首相も試乗したエリーカという電気自動車は当時は画期的だった
    ようですが、自動車に参入しようという話はなかなか進みません。
    一時スズキ自動車との提携の話もありましたが、立ち消えになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です