【ミニ情報】トヨタ自動車・豊田章男社長のキャラクター「モリゾウ」のデザイン会社の女性社長が急逝 トヨタの元キャンギャル


■㈱キャラズ制作の「モリゾウ」
■㈱キャラズ制作の「モリゾウ」

■トヨタ自動車・豊田章男社長のキャラクター「モリゾウ」のイラスト制作等、トヨタグループから様々な業務を受託していた㈱キャラズ(渋谷区恵比寿)の代表で、「TOYOTA GAZOO Racing」元キャンペーンガールの奥野静子(芸名:奥野静香)が今年4月、37歳で亡くなったことが分かった。豊田は奥野のフェイスブックに「着物いいね」等と書き込むほど親しい関係にあった。
■㈱キャラズは実質的なトンネル会社であったと思われる。信用調査会社の情報によれば、㈱キャラズの売上高に対する外注加工費と役員報酬の額は7割以上(2016年度は売上高約89百万円に対し外注費46百万円、役員報酬20百万円)で、従業員は0人。本社所在地はレンタルオフィスで、実際は仕事の大半をデザイナーの中村ちづるに丸投げしていたと推察される。トヨタ自動車は㈱キャラズへの発注について「弊社が活動しているモータースポーツを盛り上げるのに有効と判断しお取引を行っております」と回答した。

㈱キャラズの登記簿(クリックして拡大)
㈱キャラズの登記簿(クリックして拡大)

■キャラズの登記簿によると奥野が亡くなったのは今年4月19日付であるが、死亡の登記が打たれたのが6月13日付である。会社法では登記事項の変更が生じた場合、原則2週間以内に登記しなければならないと定められている。ちなみに6月13日の翌日は、トヨタ自動車の株主総会であった。
(文中敬称略)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です