OUTSIDERS注意喚起銘柄、最近の動向(10)イグニス、テラ、イメージ情報開発


■イグニス(マザーズ:3689)
2019年11月13日付:連結業績における特別損失、単体業績における貸倒引当金繰入額及び特別損失の計上並びに通期連結業績予想と実績値の差異に関するお知らせ

特別損失の計上で9月に下方修正した業績予想よりさらに赤字が拡大。資金繰りが危機的状況で、売上高20億円・営業利益5億円を稼いでしたゲームタイトルを5億円で譲渡し、さらに創業者の銭錕が株式を売却して売買代金を資金繰りに充てるなど、会社解体の一途をたどっている。今日の経営危機の一因が、かねてから指摘していた使途不明の貸付金にあることは言うまでもない。

■テラ(ジャスダック:2191)
2019年11月11日付:2019年12月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

昨年秋、上場前から続く主要取引先・医創会との医療法違反の疑いのある不適切な取引が当サイトや第三者委員会に暴かれ、ビジネスの根幹が揺らぎ、売上高が前年同期比から半減。ハコ企業案件を得意とするEvoFundを割当先としてファイナンスを実施し一時的に財務を安定させているが、証券取引等監視委から2億2千万円という巨額の課徴金を課されており、事業も赤字体質なので、ハコ企業化の一途である。

■イメージ情報開発(ジャスダック:3803)
2019年11月14日付:2020年3月期第2四半期連結累計期間予想値と実績値との差異に関するお知らせ

沖縄・辺野古基地建設等に向けた海砂利採取事業会社・北栄など、ブローカー案件に投じた貸付金の回収に失敗し、赤字予想をさらに下回る実績となった。今年6月の人事でブローカーに騙された創業者の代永衛は平の取締役に降格した。

(文中敬称略)

2019年11月14日付:OUTSIDERS注意喚起銘柄、最近の動向(9)Nuts、ユーグレナ、DLE
2019年8月19日付:OUTSIDERS注意喚起銘柄、最近の動向(8) ブイキューブ、イグニス、テラ
2019年5月27日付:OUTSIDERS注意喚起銘柄、最近の動向(7) ベルーナ、ナック、CYBERDYNE
2019年3月18日付:OUTSIDERS注意喚起銘柄、最近の動向(6) イメージ情報開発、テラ、広済堂
2018年11月7日付:OUTSIDERS注意喚起銘柄、最近の動向(5) ユーグレナ、DLE、フィスコ
2018年5月28日付:OUTSIDERS注意喚起銘柄、最近の動向(4) ユーグレナ、イグニス、ソルガムHD
2017年12月12日付OUTSIDERS注意喚起銘柄、最近の動向(3) フィスコ、エイベックス、ナック
2017年2月21日付:OUTSIDERS注意喚起銘柄、最近の動向(2) フィスコ、DLE、郷鉄工所
2017年2月13日付:OUTSIDERS注意喚起銘柄、最近の動向

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です